MH4の弓について(ガンナー)


特徴

適切な距離を保ちながら放つ通常の矢と、少し離れても距離による補正を受けない曲射を組み合わせることで、立ち回りの幅が広がった弓。

ボウガンとは異なり弾数は無制限。武器出し時の移動速度も遅くならないので、弓を引き絞りながらモンスターの弱点部位を狙い続けることができる。

MH4から追加された「剛射」

モンスターハンター4で追加された「剛射」は、通常の溜めてから放った矢に続けて、
その溜め段階の上の溜めレベルの矢を放つことができるというもの。

例:溜め段階2の矢を放った場合= 剛射により、溜め段階3の矢を追撃として放つ。

剛射ができるか、曲射ができるかは、使う弓によって異なる。

弓のジャンプ攻撃アクション

弓のジャンプ斬りアクションは、「武器出し矢斬り」で近接攻撃となっている。

溜め段階により影響を受ける効果(参考MH3G)

下表を見ても分かる通り、溜め段階1で矢を放つとマイナスの効果が大きく、効率的にモンスターへダメージを与えることはできない。
最低でも溜め段階2以上、通常は溜め段階3以上でモンスターの弱点部位に矢を撃ちこむのが弓の基本的な立ち回りとなってくる。

※ 曲射は距離による補正は受けない。

溜め段階 1 2 3 4
射程距離の補正 × なし
攻撃力の補正 × なし
属性ダメージの補正 なし
状態異常属性の補正 × なし

「曲射」

力を溜めて特殊な矢を上空に発射して、上空からモンスターを攻撃することができる。
曲射でモンスターのスタミナを奪ったり、頭部に当てれば「めまい」を誘発させる効果がある。
曲射できる状態でRを押すと、落下地点がサークルで表示され、高低差があっても狙うことができる。

武器の曲射のタイプ 特徴
放散型 ・ 最も攻撃範囲が広く当てやすい
・ 特定の部位をピンポイントで狙うのは難しい
集中型 ・ 攻撃範囲が狭い
・ 特定の部位を上空からピンポイントで狙いたい時に向いている
爆裂型 ・ 攻撃範囲が狭い
・ 地面に着弾すると爆発するので、地面に近い部位にダメージを与えられる

弓の基本操作

弓の攻撃の派生と流れ

操作タイプ1

MH3Gバージョンの操作方法

アクション 操作 備考
照準を定める [R]押しっぱなし  
バックステップ [B]  
回転回避 パッド+[B]  
武器出し溜め 納刀時に[X]押しっぱなし  
弦を引き絞り、離すと発射 [X]  
剛射 溜め中もしくは矢を放った後に、 [A] 放った矢の後に続けて、その1段階上の溜めレベルの矢を放つ。(1度に合計2射する)
曲射 一定時間溜めた状態で、[X]を押したまま[A] 特殊な矢を上空に放ち、モンスターを頭上から攻撃することができる。
※ Rボタンを押すと、曲射の落下地点が表示される。
※ 曲射には打撃属性の武器と同じく、モンスターのスタミナを奪い、めまいを狙える効果がある
ビンの装着 武器出し時に[X]+[A]  
武器出し矢斬り 納刀時に[R]+[X]+[A]  
近接攻撃 [A]  

操作タイプ2

MH4で新しく追加された操作方法。
弓の溜めボタンが[R]になっている点が、操作タイプ1と大きく異る。
Rで溜めることができるので、タッチスクリーンの右上に十字キーを配置していれば、右手親指で照準を合わせることができる。

アクション 操作 備考
照準を定める [X] で切り替え  
バックステップ [B]  
回転回避 パッド+[B]  
武器出し溜め 納刀時に[R]+[X]+[A]後、[R]押しっぱなし  
弦を引き絞り、離すと発射 [R]  
剛射 溜め中もしくは矢を放った後に、 [A] 放った矢の後に続けて、その1段階上の溜めレベルの矢を放つ。(1度に合計2射する)
曲射 一定時間溜めた状態で、[R]を押したまま[A] 特殊な矢を上空に放ち、モンスターを頭上から攻撃することができる。
※ Rボタンを押すと、曲射の落下地点が表示される。
※ 曲射には打撃属性の武器と同じく、モンスターのスタミナを奪い、めまいを狙える効果がある
ビンの装着 武器出し時に[X]+[A]  
武器出し矢斬り パッド+[X]  
近接攻撃 [A]  

おすすめスキル

スキル名 備考
集中 弓の溜め時間が0.8倍に短縮されるので攻撃のチャンスが増え、効果的にモンスターにダメージを与えることができる。
ランナー 溜め行動時のスタミナ減少速度を遅くすることができる。
スタミナ急速回復 連続して溜め行動を取りたい時のスタミナ回復をサポート。
装填数UP 1ランク上の溜め段階が使えるようになる。